悩む女性と多様な薬
薬を飲む女性

意外かもしれませんが、実は日本国外の薬を自分で買う方法がある、という事はご存知ですか。実は海外の薬を日本国内で購入するという方法があり、健康に問題がある人やより快適に毎日を送りたい人は、海外の薬を自分で通販サイトを使って自分で購入しています。これは個人輸入と呼ばれ、今では海外の効能の高い薬を買いたいという人に人気のある方法です。

この個人輸入の最も大きなメリットは、海外の薬を使えるという事でしょう。実は日本国内で薬を使えるようにするためには、多くの厳しい審査が必要です。そのために多大な時間とお金がかかり、今病気で苦しんでいる人がすぐに病気を改善したいとか、苦しい症状を改善したい、より便利に薬を買いたいという希望に沿う事が出来ません。これらを自分たちで何とかするために、個人輸入という形を取っています。

過去には一部のごく限られた人の物でしたが、今ではインターネットの発展やスマートフォンがありますので、ネットやアプリからの通販が可能です。買い方は日本国内のネットショップで購入するのと似ていますが、扱うのが薬や低用量ピル、サプリメント、美容器具や健康機器などで、様々な商品があります。このため、ドラッグストアなどのネット通販とあまり感覚は変わりません。

特に女性に人気なのが低用量ピルです。これは何かというと、女性が自分で避妊をするためや、生理周期を整えるために使う薬になります。女性が体の調子を整えるために、また毎月の月経やその前の月経前症候群と呼ばれる様々な不調の管理を行うために使うという事もありますが、主流なのは妊娠を防ぐという目的で使うことが多いでしょう。そのほかにも肌の調子が良くなったり、不定愁訴などを軽減するために使う場合もあります。

低用量ピルの場合、特に日本国内の場合は必ず病院で処方してもらうことになります。ですが、病院で嫌な思いをしたり、取り扱っている病院が近くにないなどの理由から、あえて海外からの個人輸入を選ぶ人もいるのです。また、費用が高額なのも難点なので、一度は日本の病院で診察を受けて処方してもらい、その後はずっと個人輸入で利用しているという人もいます。費用が安いこともそうですが、まとめて数か月分購入できることや、ポイントなどのメリットが大きい事、他の海外の薬やサプリメントなどともまとめて購入できることから、低用量ピルをまとめて買い、パートナーとの健康な生活のために活用している人もいます。