• ホーム
  • 緊急措置として行う避妊方法!緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の効果

緊急措置として行う避妊方法!緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の効果

2020年03月25日
考えている女性

ピルの中には緊急避妊薬という薬もあり、これは普段から飲むピルとはちょっと効果が違います。緊急避妊薬とはその名の通り何かあったとき、性的な接触で避妊をしなかったときや出来なかったときに、妊娠を防ぐために飲む薬です。特に女性ホルモンが多く含まれているため中用量ピルといわれていますが、低用量ピルとは併用できませんし、別の薬と考えてください。

効果としては、やはり避妊できるという効果があります。危険な日でも安全な日に飲んでも構いませんが、どちらにせよ望まない妊娠を防ぐために飲む薬として知られています。特に妊娠する可能性がある時、妊娠するかもしれない時、妊娠したくないけれど性的な接触があったという時に飲むものです。また、避妊に失敗したり、避妊を上手に出来なかった、破れるなどの事故があった場合に使うのが基本です。

緊急避妊薬の効果は99パーセント以上と言われ、きちんと飲めばほぼ妊娠することはありません。ですが、飲むのにタイムリミットもあるため、出来るだけ早く病院に行きましょう。理想的なのは当日中ですが、性交渉があった後72時間以内に服用する必要がありますので、出来るだけ早く病院に行くのがおすすめです。また、緊急避妊薬は飲むと副作用で体調が崩れる事があります。特に嘔吐することは多く、飲んでから2時間以内に嘔吐してしまった場合は再度薬を飲む必要がありますので、吐き気があっても吐かないように気をつけてください。

特に緊急避妊薬の場合、避妊以外の効果はほとんどありません。このため、毎日飲めばずっと妊娠しないとか、服用し続ければいいというわけではなく、体に負担を掛けることもあり、そもそも妊娠するような行為やミスをしないように気をつけたい薬でもあります。アフターピルを飲んだから安心というよりは、その後の出血や月経を確認してようやく一安心、という感じです。つまりアフターピルを飲んだからと言って必ず絶対避妊できる、という物ではありません。

また、アフターピルを飲んだ後は必ず妊娠しなくなるという訳ではありません。確率は99パーセント以上とかなり高いのですが、それでも1パーセント以下の少ない可能性が引っかかってしまう人もいるのです。副作用もありますし、不正出血が起こる人もいて、飲むのが辛い薬でもあります。このため、もしアフターピルを飲んだ後に何か体の異常や調子の悪さがあるのであれば、病院できちんと診察してもらいましょう。